2011年05月24日

独裁者

独裁者 “ブログ市長”の革命 [単行本] / 竹原 信一 (著); 扶桑社 (刊)

先日観た、橋下知事を取り上げたドキュメンタリー「議論する独裁者」は大変興味深いものだったが、今回読んだ書籍「独裁者~ブログ市長の革命~」は、さらにおもしろかった。

この「独裁者~ブログ市長の革命~」の著者は、橋下知事が「阿久根市長の考え方は尊敬」と評していた、阿久根市の竹原前市長です。

ビジョンに共感している私から見ても、少し過激な手法だなという印象を持っていましたが、今回この一冊を読んで、その見方は変わりました。その取り組みには一貫性があったのは、もちろんのことですが、過激なのではなくすごく理性的だったのだなと。過激なのは、既得権をどんな手段を使ってでも守ろうとする議会や公務員であったことを改めて知りました。そして、変わり者の市長だと何も本質を知ろうとせずに煽るマスコミとも闘わないといけなかった。

前市長の言っていることは、至極まっとうなことばかりで、何故地方議会が不要なのかが、よく理解できました。

去年の夏、鳥取県の智頭町で町長のトップダウンで始まった100人委員会というものに接する機会がありました。100人委員会はボランティアで公募した約100人の町民が「生活・環境」「商工・観光」などの6つの部会に分かれ、約半年をかけて事業を企画提案して予算化を要求するものです。高い報酬をもらっている議員の仕事の質の低さ(議会の議事録などを読み込む必要があり、読んだ際にその議論のレベルの低さに愕然としました)に比べ、100人委員会で出てくる提案は意義深いものばかりでした。議会って何のためにあるのだろうと漠然と思っていました。

ボランティアの役割は企画提案して予算化を要求するところまでで、いいと思います。実際の政策に落とし込むには専門的な知識や技術がいるので、それを議員が担えばいいのではないのかとも思いましたが、実務能力のない議員には期待できません。

アメリカでは、高い専門性と技術を持った「シティマネージャー」という民間の経営感覚を持った人たちが首長から直接任命され、政策の実行を担っているそうです。だからこそ、議員をボランティア化できるそうです。

自分自身が、1年前に漠然と「議会は不要では?」と思っていたことは、特別変わった考え方でもないのだと改めて実感しました。

私たちが応援していた市長候補も「シティマネージャー」の話をされていました。持続可能な自治体経営のモデルには、この「シティマネージャー」の制度も必要です。これから、こういう話もどんどんしていきたい。

政治的なものにはあまり興味はありませんが、私は行政も経営だと考えているから、こういったテーマに興味を持ち続けているのだと思います。逆に言うと、経営を政治的なものにするのは、大嫌いなことです。だから、組織のアンタッチャブルなことに触れて干されたこともあります(笑)

でも、「当たり前のことを当たり前にしたい!」という自分の軸は一生ブレないでしょう。勝手な解釈ですが、高杉晋作の辞世の句「おもしろきこともなき世をおもしろく」と「当たり前のことを当たり前にしたい!」は同じことだと思っています。「おもしろい」というのは単純に楽しいということではなく、「当たり前のこと・あるべき姿」なのではないかと…「理不尽なことがまかり通る社会を、当たり前の姿に」。で、それができたら本当におもしろい!


~本文より~
政治屋(Politician)と政治家(Statesman)
楽に稼げるから議会の趨勢に付和雷同し、自らの利権確保と保身のみに専心している。

「開かれた議会をめざす会」の調査より
1年間で議員による条例案の提出件数がゼロという議会が、全体の89.8%。
一般質問にしても、議員定数の半分以下の議員しか行わなかったという議会が、全体の43.5%。

「政治屋(ポリティシャン)は次の選挙のことを考え、政治家(ステーツマン)は次の時代のことを考える」アメリカの神学者・作家 ジェームス・フリーマン・クラーク

真に次の時代のこと、次の世代のことを考えれば、自らの保身に走っている暇などないはず

イギリスの経済学者でケンブリッジ学派の創始者 アルフレッド・マーシャル
「(ステーツマンとは)冷静な頭脳と温かい心を持って、周囲の社会的苦悩と闘わんがために自己の最善の力を喜んで捧げる人」
「喜んで捧げる」、つまり、政治家には奉仕の精神が求められるのです。クールヘッド(冷静な頭脳)、ウォームハート(温かい心)、そしてクリーンハンド(きれいな手法)が必要だとも付言している。


議員は地域や団体の利益代表の性質を自ずと持ちます。しかしながら、首長は住民全体の代表なのです。両者は同じ住民の代表であっても、民意の反映のされ方に大きな違いがあります。

地方議会は不要
地方分権の目的は、最終的には住民自治の実現と言ってもいいでしょう。
自治体への権限と財源の委譲は、住民の近くにこれらの権限を置くことで主権者たる住民が行政をよりコントロールしやすくなり、地域住民の民意が行政に反映されやすくなることで住民自治を実現しょうというものです。
「地方自治は民主主義の学校」
かつてのイギリスの政治家であり法学者のジェームズ・ブライスの言葉はあまりに有名ですが、住民自らが責任をもって地方政治に参加することによって、民主主義を学ぶことができることから、「地方自治」という理念を「学校」に喩えたものです。
しかし、現在の日本ではほとんどの住民が「学校」には登校していません。

議員の定数や議員報酬を減らすには、議員をボランティア化し、喫緊の政策課題には高い専門性を持つ政策スタッフを議会が専任するのが有効だと考えます。
議員定数削減に対して議会は決まって「民意を反映できなくなる」という常套句を使いますが、ボランティア議員として多くの定員を与えれば、むしろ民意はより反映されるはずです。一方、高度に専門的な能力を持つ政策スタッフは、「シティマネージャー」と呼ばれ、アメリカなどではもっとも普及している制度です。行政の専門家を事務方のトップに据え、議会が決定した政策の実行を担わせるのです。

彼らの最大の関心事は、収入と休暇、そして省益に代表される組織の力の確保、つまりカネと権力です。国民の暮らしなど初めから眼中にないのです。

個人や組織というものは、能力や成果に関係なく報酬を得るようになると感性は麻痺し、腐敗の一途を辿ります。
posted by 田辺 大 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

わたしたちのまち

市政報告はトップページ右のバナーです→コチラ
間に合った〜!助っ人さんの緊急オペにより、何とか期日までに「市政報告」ビラ(マニフェスト編、対談編)がトップページから見れるようになりました。

今まで、地域デザインプロジェクトという活動をしてきましたが、自分自身が最も関心を持っている領域が「持続可能な自治体経営」でした。このテーマ、もっともっと深掘りしていきたい。

私たちの街で、人口減少・高齢化社会の新しい自治体経営のモデルを提示したい!そして、そのモデルは日本全体に普及させるべきものだと信じています。
posted by 田辺 大 at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あしたのために(目標) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

歩きながら考えよう

歩きながら考えよう [単行本] / 安藤 忠雄 (著); PHP研究所 (刊)

ひたすら本を読んでいた
「独学で学んだ」というと、自由で楽しいといったことをイメージするかもしれませんが、何をどのように学んでいくかを、すべて一人で考えなければならないので、じつはとても不安で孤独で、困難がつきまといます。
果たして自分が今やっていることは、正しいのか、正しくないのか、それさえをもわからない。ですから手当たり次第、ひたすら本を読みました。本を読んだからといって建築学が学べるわけではないですが、読んだことが気持ちの裏付けになり、「これだけ読んだから大丈夫」と自信につながりました。


今の自分自身も、すべてを一人で考えないといけない状況なので、安藤さんのこの文章に激しく共感しています。

ほんと不安で孤独な毎日です。「自分が今やっていることが正しいのか、正しくないのか」、本当に分かりません。

何をやってるんだろうと焦燥感ばかり感じて、目の前のことに集中しきれてないことも多いです。

社会的基盤がないために、人から軽く扱われることにイラつくことや過剰に反応することも多いです。

ただ、自分を信じてくれている人に応えるために、目の前のことに一つ一つ集中して、取り組んでいかなければと改めて実感することがありました。

ほんと些細なことでしたが、今の自分には大きなやりとりでした。
明日から仕切り直しだ!
posted by 田辺 大 at 22:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

「維新」の先にある「笑顔」

__.JPG

*備忘録

お世話になっているコーチングのプロの方に、「ソース」というセッションを1/24と2/5の2回に渡って実施してもらいました。

このプログラムは、自分自身の今まで生きてきた道のりを振り返り、その時々で自分が好きなものや熱中したものは何なのかを対話を通じて抽出していきます。

そして、2回目を終了した時点で、今までの過程を通じて抽出したワードを30個選んで書き出します。

私が書いた30個のワードは、下記のものでした。

「多様性、維新、変革、参謀、大らか、歴史、生物多様性、組織、京都、奈良、水辺、誉められる、ビジョン、軸、社会、持続可能、友人、対話、子ども、政治経済、合理性、森林、シンプル、北欧モダン、都市、自律、仕事、笑う、文化、リーダー、街並み」

さらに、その30個から17個を選ぶ。選んだ17個は下記のものでした。
「多様性、維新、変革、参謀、大らか、歴史、ビジョン、軸、社会、持続可能、友人、対話、子ども、シンプル、都市、笑う、文化」

そして、その選んだ17個のワードを「ワクワクの地図」というフォーマットに、直観で並べていきます。その並べた場所に、それぞれ意味があるというものです。また、並べたワードを補足する要素を、そのワードの下に記入します。

◆「ワクワクの地図」の結果  *(  )内は補足する要素
・自分自身の一番のワクワクの源泉(機関車)
「維新」(当たり前のことを当たり前にすること、マネジメント、仕組みを改善する、あるべき姿)

・機関車を一番サポートするもの
「軸」(ブレない)

・その他のサポートするもの
「子ども」(未来)、「歴史」(京都、奈良、幕末、明治時代)、「変革」(活性化させるもの)、「参謀」(役割分担、折衝役)、「社会」(リレーションシップ、関係性)、「対話」(コミュニケーション)

*サポートするものとは、自分自身がエネルギーが湧く要素。


・人生の4つの土台とその土台をサポートするもの
@「ビジョン」(道標、明確、目標)←「多様性」(認め合う)
確かに、多様性から生まれてないビジョンは全く共感しません。

A「大らか」(パートナー)←「文化」(教養、感性、アイデンティティ)
これもその通りだ。パートナーに一番望むの「大らか」であること。で、やはり似たような感性を持っている人がいい。

B「友人」←持続可能(長期、未来、循環)
パートナーと同等以上に、友人は人生を豊かにしてくれるものだと思っています。そして、その関係性も長期であること。そして、一緒に未来へ向かう人であることを望んでいます。

C「シンプル」(原理原則)←「都市」(エネルギー)
シンプルであることと原理原則は、常に大事にしています。「都市」というのは建築から、いろんなヒントをもらったりしていることとも関係あるのか…

そして、これが最も納得したことなのですが、『人生の成果』の場所に入れたのが「笑う」といワードでした。『人生の成果』として望むものは、金でも名誉でもなく「笑う」(笑顔)です。人を笑顔にして、自分も笑顔になる。笑顔にはエネルギーがあります。

驚くぐらい、自分の中では一貫性のある配置でした。そして、『人生の成果』として、自分自身が潜在的に望んでいたものを、明らかにできました。本当に、貴重なセッションでした。ありがとうございました!!
posted by 田辺 大 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 私(達)のビジネスモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

つぶやき

今年に入ってツイッターを始めました。情報収集という面では自分が興味のある領域のものを集めようと思えば、効率的&タイムリーに集められるので、便利さを実感しています。

コミュニケーションに飢えているのか…少しハマり気味なので気をつけないといけないです。

まぁ、リアルな場の対話に勝るコミュニケーションは無いので、そのツールの特性と上手に付き合っていきたいと思います。

リアルな場で、なかなか会えない遠方にいる仲間とのコミュニケーションの補完には使えます。あと、即時性があるというのが、やはりおもしろいです。しばらく、ブログへの投稿は減ったままになりそうですww
posted by 田辺 大 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

イノベーションを起こすための「断捨離」

*断捨離とは
ヨガの「断業」、「捨行」、「離行」という考え方を応用、不要なモノを断ち、捨てることで、モノへの執着から離れ、身軽で快適な生活を手に入れようというもの。



去年を振り返って思うこと。今までの延長線上では、目的地に行けないのは明らかだ。
延長線上に目的地が無いなら、イノベーションを起こすことでしか道はできない。どうやってイノベーションを起こすか…まずは、過去に対する執着を捨ててみよう!
これが今年の自分自身のテーマです。

変革の種を手にするには、それが入るスペースが必要です。そのために、スペースを作るために断捨離を遂行する。これがイノベーションを起こすための最低限の条件だと思っています。あとは、当たり前のことですが自分自身の能力を磨き続けることが必要です。



「(過去の経験は大切なものであるが)過去を生きるのは止める」
posted by 田辺 大 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | あしたのために(目標) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

経営者の手帳

人生と経営を変える 経営者の手帳 (手帳ブック) [単行本(ソフトカバー)] / 坂本 光司 ...
★★★★☆
「日本でいちばん大切にしたい会社」の坂本光司さんの最新刊です。
平易な言葉の中に本質がつまっています。それらの言葉を100個集めたこの1冊は、経営者に限らず働く全ての人が共感できる“手帳”です。


#31
業績が高い会社のモチベーションが高いのではなく、モチベーションの高い会社の業績が高いのだ。

#50
企業の真実は、電話一本でよくわかる。

#51
企業は私的なものでなく、社会的公器である。

#62
中小企業には、決してやってはいけない三つの競争がある。
@価格競争 A品揃え競争 B内部の社員間の競争

#66
問題とは
「あるべき姿マイナス現状」のことである。問題を可能な限り数値化・見える化することだ。

#74
「下請け」は、永遠に続ける経営形態ではない。
posted by 田辺 大 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

「時を告げるのではなく、時計をつくる」


「戦略課題」解決 21のルール [単行本] / 伊藤良二 (著); 朝日新聞出版 (刊) 
★★★★★

著者の伊藤良二氏は、実務家で理論と実践が、ものすごく高いレベルでバランスが取れてる方なのだと思います。とても分かり易く、かつ本質的な部分がコンパクトにまとめられています。また、「ビジョナリー・カンパニー」からの引用を交えた第21章は、私や共に仕事をしている方にとって大切なワードがたくさんあり、これは是非共有したいと思いました。


~本文より~
マーケティングと財務を融合させる
勝ちパターンを織り込む設計力の一番のポイントは、マーケティングと財務を統合して考えるということである。マーケティング面と財務面の整合性が取れていれば、それは事業モデルとして間違っていない。


マーケティングはマーケティング部門だけ、財務は財務部門だけで設計する企業がほとんどではないでしょうか。マーケティングと財務を融合させることが自分たちの役割だし、存在価値だと思っています。とても難しいことですが、難しいからおもしろいことでもあります。


~本文より~
「ビジョナリー・カンパニー」ジェームズ・コリンズ
「時を告げるのではなく、時計をつくる」
昼夜どんなときでも太陽や星を見て正確な日時が言える人がいたら、それらは素晴らしい才能だし、尊敬もされるだろう。しかし、その人が時を告げるのではなく、自分の死後も永遠に時を告げる時計をつくったとすれば、もっと素晴らしいことではないだろうか―。

ビジョナリーな企業、あるいはそれを目指す企業にとってもっと大事なのは「時計をつくる」こと。すなわち、組織自身に変革や課題解決を実行していく能力が身に着いて、事業環境が変化しても、経営者が変わっても、組織自体が入れ替わっても、そのDNAが受け継がれていく体質をつくることである。


「時を告げる人」はすごいと思うが、やはり「時計をつくる人」を支えたい。そして、自分自身も「時計をつくる人」になりたい。自分が死んだ後も続くこと=「時計をつくる」ことにワクワクします。坂本龍馬は間違いなく、「時計をつくる人」だったのでしょうね。幕末に、坂本龍馬よりも能力や知識があった人物はたくさんいるが、それだけでは、「時を告げる人」にしか成り得ないのでしょうね。



「時を告げるのではなく、時計をつくる」、改めて心に刻みたい言葉です。
posted by 田辺 大 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

ありがとう

実相院_DSCN3727.jpg
実相院

毎年、一人で過ごす誕生日は卒業するぞって思っているが、なかなか思うようにならないw


昨日は、歩きたかったので京都に出ていました。とりあえず、行き先を決めずに出町柳まで出て、叡山電鉄で岩倉まで行き、実相院に行きました。岩倉具視の日記なども展示で見ることができ、そこに坂本龍馬のことなどが書かれており、歴史をリアルに感じることができました。

そして今日は、さっきまで「龍馬伝」に見入っていました。143年前の11月17日、自分の誕生日に坂本龍馬は暗殺された。たった143年しか経ってない。そんなことが頭に浮かびました。

日が遡りますが、一昨日は建築家の安藤忠雄さんがテレビで、「今、69歳の自分は人生の第6ラウンドに居る」(元ボクサーなので、12ラウンドあるボクシングに例えて)と話されていました。絶対的な実績がありながら、更なる高みを目指すその姿勢が、ただただカッコいいなと思いました。

両者に共通するのは、ビジョナリーであることです。少しでも、そんな人間に近付けるようになりたい!

自分一人だけでは、成長しているのか、前進しているのか、正直よく分かりません。
今日は、ふと最初に勤めた会社の同期や10数年前の自分を知っている人たちから、誕生祝いメールをもらいました。
ほぼ会ってない中でも、blogやmixiなどでつながっている。そんな人たちと対話する時、少し客観的に自分がどれだけ成長できたのかを見れる気がします。あと、シンプルに頑張ろうとも思います。

そういう人たちの存在が、本当にありがたいです!!
posted by 田辺 大 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | あしたのために(目標) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

あしたのためのミーティング

19日のミーティングにて

これから一緒に仕事をしていく方が、私の過去4年分に目を通して頂いたという話を聞きました。これはとても嬉しいことですし、ありがたいことです。

Blogの記事も評価されるより、理解されたいという想いで書いていますので、こういう反応が最も嬉しいことなのかもしれません。

Blogもこれからお手伝いさせて頂く事業計画なども、全ては内部及び外部とのコミュニケーションツールだと、私は信じています。

過去の記事に共感して頂いた部分で、「ゼロサムゲームはしたくない」というものがありました。
確かに、「ゼロサム」という言葉を知らない時から、そういう内容のことを一貫して言っています。

*ゼロサム→複数の人が相互に影響しあう状況の中で、全員の利得の総和が常にゼロになること、またはその状況を言う。

「ゼロサム」の反対語は、「プラスサム」です。その「プラスサム」を、どうやって産み出していくかということを仕事の中では常に大切にしています。
*プラスサム→全体が拡大することにより、各部分もそれぞれ同時に拡大し得る環境。

また、「ゼロサム」と「プラスサム」の関係は、「部分最適」と「全体最適」の関係と置き換えることができると気付きました。

私は、企業の中で「全体最適」を作りだすのは経営企画部門の一番のミッションだという想いで仕事をしてきました。

当然、経営者の仕事もこの「全体最適」(=「プラスサム」)を作ることです。ですので、「ゼロサムゲームはしたくない」という文章に共感して頂けたのかと一日置いて感じました。

ここは絶対に自分自身のブレない軸です。また、「全体最適」(=「プラスサム」)を作りだすことが私のワクワクの源泉なのだと再認識しました。

あしたのためのミーティング、これからの展開が楽しみです!
posted by 田辺 大 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | あしたのために(目標) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

Yes,we can!

小浜_DSCN3688.jpg

鯖街道を北上して、その起点である小浜へ向かいました。
その途上の大原三千院付近で既に渋滞が始まりつつありました。いつの間にか京都は秋本番を迎えています。

訪問したのは、「小浜の食文化の普及を通して地域活性化に貢献する企業」(食品の企画・開発ならびに製造・販売業)でした。

鯖寿司、焼き鯖寿司、サバサンド、小浜ラーメン(動物系のだしに若狭の豊富な海の幸をふんだんに加えたラーメン)、蟹、カキ…
古代には、御食国(みけつくに)と言われていた若狭地方、さすがに魚の食文化が豊かです。

そして、経営層がとてもいいチームだなという印象を受けたこの会社は、これから本当に豊かな企業文化を築いていくのでしょう。

その文化を作ることは、私にとってもチャレンジングでワクワクするものです。現場で深い対話ができ、浮かんだ課題を早くまとめたいという衝動があります。そして、それを基に、また対話をしさらに深堀していきたい。こういうことの蓄積で、企業の戦略は「見える化」していくのだと思います。

やはり、私は「戦略の見える化」をカタチにし、それを社内で共有化し、共有ビジョンに昇華していくプロセスが好きなのだと再認識しました。だから、そのためのヒントがたくさんある、現場は楽しい。
posted by 田辺 大 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

BIWAKO BIENNALE 2010

BIWAKO BIENNALE 2010_.jpg

備忘録
11月6日(土)

約2年前のヴォーリズ建築ツアー以来の、久しぶりの近江八幡散策でした。
BIWAKO BIENNALE 2010の会場でもある近江八幡の旧市街を、回りました。

水あり、歴史あり、雰囲気のいいカフェあり、魅力的な建築物あり…近江八幡を堪能するには、とても半日では足りませんが、BIENNALEの作品は十分堪能できました。

次回は、目的を決めずにただただゆっくりと散策しに来たいです。近江八幡の旧市街は、そんな時間の使い方ができる、関西でも有数の魅力的な“まち”ではないでしょうか。


BIWAKO BIENNALE 2010_DSCN3627.jpg BIWAKO BIENNALE 2010_DSCN3635.jpg BIWAKO BIENNALE 2010_DSCN3637.jpg
@天籟宮

BIWAKO BIENNALE 2010_DSCN3639.jpg
B前田邸

BIWAKO BIENNALE 2010_DSCN3655.jpg
E藤田邸

BIWAKO BIENNALE 2010_DSCN3672.jpg BIWAKO BIENNALE 2010_DSCN3681.jpg
L瓦常工場

BIWAKO BIENNALE 2010_DSCN3682.jpg
J小田邸






posted by 田辺 大 at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅・建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。