2013年03月13日

ポンプは心臓

IMG_3754.jpg

今日は、さわかみ投信の企業訪問ツアープログラムで、国内ポンプメーカー大手3社の一角である(株)酉島製作所(大阪府高槻市)を見学させてもらいました。

IRの担当の方が休みということで、会社概要説明を社長自らされていましたが、プレゼン(ポンプメーカーが、今後は省エネソリューション企業へと展開していく戦略など)がすごく分かりやすかったです。また、自分たちの弱み・課題も率直に話されていました。やはり、プラスとマイナスの情報を明確に「両面提示」されると腑に落ちやすいですね。


◆特に興味深かった箇所
国内のポンプの市場は3000億円と小さい(世界でも3〜4兆円)。だから、大手が入ってこない。

ポンプは、心臓が血液を送り続けるのと同じように、常に動いている。エネルギーを大量に使う装置である。

日本の年間消費電力量は約1兆kWh、そのうち産業用の年間消費電力量は4,900億kWh。産業用の約25%をポンプが占めている。全ポンプで20%の省エネを達成させると、全消費電力の約2.5%に相当する。



工場見学だけでも3時間近くあり、ほぼ全工程を見せて頂けました。業種が違っても本質的なことは同じなので、工場見学は学びがたくさんあります。(あと、純粋に楽しい。)今日のお昼からの半日は、本当に充実した内容でした。これを企画された、さわかみ投信の方と、丁寧な説明をして頂けた酉島製作所の方に、本当に感謝です!
posted by 田辺 大 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/346242005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。