2012年12月12日

「採用基準」

全体最適を実現するために、一番必要な能力はリーダーシップだ!

「採用基準」伊賀泰代 著

期待以上におもしろかった。(読めたのは、まだ半分ほどですが)
マッキンゼーの採用マネージャーを12年務めた方の本です。副題に「地頭より論理的思考力よりも大切なもの」とあります。その大切なものとは、一言で表現すると「リーダーシップ」ということです。
マッキンゼーのコンサルタントを経て、内部の採用マネージャーになったという特殊なキャリアの著者ですが、実務家の視点で書かれているので、今までに読んだ「リーダーシップ」に関する本の中で、個人的には最上位にくるぐらいの評価です。世界最強のコンサルティング・ファームだから、成り立つ話ではなく、本質的な内容ばかりなので、とても参考になります。

一緒に仕事をしている経営層、次に経営層になる人たちに、勧めていきたい一冊です。これで1500円は安いです。ダイヤモンド社の本は、ノウハウ系ばかりなので、滅多に買うことはありませんが、マッキンゼーの採用マネージャーってどういう視点で仕事をしているのだろうと興味で買った、この一冊は、思いがけず、かなりのヒットでした。

ここ最近で読んでいる本に共通するキーワードは、「全体最適」、「制約理論」、「リーダーシップ」です。

全体最適を実現することに、一番必要なことが、この本で述べられているように、地頭・論理的思考力よりもリーダーシップだということです。

制約理論の本を読んでいるうちに、どうしても気になって寄り道した一冊で、いいヒントを掴めました!
posted by 田辺 大 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。