2006年10月15日

私(達)の事業コンセプト Ver1.0

 まだまだ拙い私(達)のビジネスモデルのコンセプトについて記入しています。
 
 ・自分自身に落とし込めているかどうか?
 ・方向性は正しいのか?
 ・実現のために必要な経営資源は何か?
 ・いいなと思った他社の言葉を借りて、継接ぎでつくっても意味がない。
  一部借りてきた言葉が入っているので、自らの自信のある表現にしたい…  
 
 そんなことを、自問自答しながら、『考えて、考えて、考え続けて、人に会う』ことを実行し、助言や気付きを得ながら、着実にカタチにしていきます。



 その第一歩が以下の『コンセプト Ver1.0』です。


 私(達)のビジネスモデルについて

 経営環境や社会構造が大きく変化している時代には、従来の経営戦略や組織体制・経営システムが通用しないケースが多々あります。
 
 この状況に対応し、自社及びグループの成長を実現していく戦略策定を主要業務とする『経営企画部』の機能を、いかにして強化していくのかを明確にしなければなりません。

 多くの創業間もないスモールビジネスや技術系ベンチャー企業では、この『経営企画部』という機能はありません。
 
 私(達)は、 その機能の策定を”経営企画コンサルティング”業務で、お客様と共に実現していきます。

 そして、私(達)は『10年後の社会を想像した時に、将来無くなったら困るサービスや製品・商品を提供している企業』を応援したいと考えています。

 また、近年マーケティングも従来の『売れる仕組み作り』から『売れ続ける仕組み作り』へと変化してきています。

 私(達)は、実務に基づいたマーケティング理論で営業支援業務を”VC(バリューチェーン)事業”で展開します。


 以上の様なコンセプトで、より明確なビジネスモデルを確立したいと考えています。


 あくまで企画は、相手に伝わらないと全く意味がありません…

 できる限り短く。
 本当にやりたいことを書く。
 その一点に想いを込める。
 *光文社新書『企画書は1行』より

 
 どこまで本気になれるか…それが全てですね。

posted by 田辺 大 at 01:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 私(達)のビジネスモデル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事業にしろ、起業にしろつまるところ自分が他者に対してどれだけ本気で提供できるか、だと思ってます。そんな中で最近は生き残る企業なりビジネスって文化の創造であったり、本質の追及がなされているものしか、残らないと考えています。それを自分の人生の(仕事)なかで関れることって、(意識するにしろ、しないにせよ)すごく幸せなこと、だと思います。それに人生の早い段階で実行している、田辺氏はうらやましいなー。でも平常心でやりなよ。
とっぴなことかんがえたり、絶望することなく。


余談ですが、このかきこ、hitoshiさんて、ひとしさんですよね、っていわれてしまった。!
Posted by ゆうき at 2006年10月18日 18:37
ゆうきさんへ

>最近は生き残る企業なりビジネスって文化の創造であったり、本質の追及がなされているものしか、残らない…
↑ 
その通りですよね。私自身、こういうことを常に意識しています。また、こういったことを意識しない仕事はしたくありません。

実力も伴ってないに、理想だけは高いです…

だから、この先も私は苦労するでしょうね(笑)


>でも平常心でやりなよ。とっぴなことかんがえたり、絶望することなく。

この言葉には、これから私が大切にしなければならないことが集約されてます!


>余談ですが、このかきこ、hitoshiさんて、ひとしさんですよね、っていわれてしまった。!

私の配慮が足りてなかったですね(笑)
前職で、特に私が好きな人にはこのブログのことを話しているので…

ゆうきさんは、人生の大先輩なのに、いつも今の私が必要としていることを気さくに書き込んで頂けるので、すごく励まされます!
ありがとうございます!

『言葉は力』だと思います。

このまだまだ拙い『私(達)の事業コンセプト Ver1.0』を文章にするのにも、すごく苦労しました…そして、これからも前向きに苦労します。
Posted by だい at 2006年10月19日 00:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25490005

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。