2006年08月29日

直島に行く!

banner_sugaononaoshima_half.gif
http://www.naoshima.net/

平成18年8月27日(日曜日)香川県香川郡直島町に到着。

もともと、直島という場所を知ったのは、私が好きな建築家の安藤忠雄氏がこの直島で『直島コンテンポラリーアートミュージアム』や『家プロジェクト』に関わっているからでした。

今回、8/27(日)〜8/29(火)で、6,7年前から行きたいと思っていた直島にようやく行くことができました。

行くことになったキッカケとしては、いろいろありました。最も大きなキッカケは、今後の自分が目指すべき仕事についてのビジョンを第3者に明確に説明する必要に迫られてのことです。そういったことを考えている中で、自分の言葉で第3者に説明することの難しさと、『やるべきこと』・『やれること』・『やりたいこと』を明確に切り分けできず、混乱している自分に気付きました。

所詮、自分一人で考えてもできることは知れています。そこで、頭を完全に切り換えたいと思い、昔から行きたいと思っていた直島に行くことにしました。安藤忠雄氏の考え方、生き方が以前から好きです。その安藤氏の“仕事”を自分の目で直で観ることで、いろいろ気付くこともあるだろうと考えました。

難しい話はここまで…

実際の行程は以下の通りです。
8/27(日)
直島到着後、とりあえず宿を探す。『黄櫨染』という民宿に決める。チェックインできるのは16時なので、観光案内所に荷物を預ける。

14:30、『地中美術館』
翌日の月曜日は『地下美術館』が休館ということなので、まず『地中美術館』に向かう。
安藤忠雄氏の建築を初めて直で観ることができた。余分なデザインがなく、すごく居心地の良い空間でした。こんな空間を創れる想像力はどうしたら生まれるんだろうか?自然光の使い方に感動した。

Pict0020.jpg
地中美術館 *ベネッセミュージアムから撮影


16:10、『本村エリア』
『家プロジェクト』の、特に角屋によく出没してひそかに人気者になっている近所のネコ『みーちゃん』に遭遇。『家プロジェクト』の閉館時間が16時30分なので、とりあえずカメラに『みーちゃん』を撮り収めて、『角屋』へダッシュ!
『角屋』の係りのおばさんが、ここは17時ギリギリでも空けておくので、先に時間のかかる『南寺』へ行っておいでとのこと。『南寺』は8人づつしか入れないので、しばらく待ち、その後入館。先に『地中美術館』に行って、ジェームズ・タレルの作品を見ていたので、『南寺』のコンセプトがよく理解できた。その後、『角屋』へと戻る。

Pict0002.jpg
猫のみーちゃん

Pict0012.jpg
南寺


17:30、『宮ノ浦エリア』
『南寺』ですれ違った、岡山から来ていたさわやかなカップルの隆一郎くんと飛香ちゃんが同じ宿だった。チェックインを一緒にして、すぐに夕食。この二人と宿の女将さんが明るい人で、この三人も直島でのいい思い出となりました。
夜は、昼に観た安藤建築を思い起こしていると、自分のこれからの仕事について考えたくなってきた。今回、いろいろ持っていった本など読みながら、思いつきを紙に書き留めていると頭が冴えてきて寝付けなくなってしまった。ようやく2時頃?に就寝。

8/28(月)
10:00、『宮ノ浦エリア』
『007赤い刺青の男記念館』に行く。

11:15、『本村エリア』
『南寺』、『護王神社』付近などを散策。

Pict0003.jpg
南寺A(このアングル好きです。)

Pict0016.jpg
南寺B

Pict0009.jpg
本村の風景

12:35、『ベネッセハウス』
ミュージアムで安藤忠雄氏のドローイング(デッサン)の現物を観れた。航空券の切れ端などに書かれたものを観ていると、思いついた時にそれを逃さないようにすることが大切なのがどの仕事にも共通すると再認識。14:00、昼食。

15:30、『つつじ荘』
ミュージアムからつつじ荘まで歩く。

16:00、『宮ノ浦エリア』
観光案内所で安藤忠雄氏が特集された雑誌を読み込む。その後、宿へ戻る。

8/29(火)
9:00、『イワタコンフェクト』にてお土産を購入。
午前中に本村エリアに行こうと思っていたが、雨も降りそうだったので、10時のフェリーにて帰路に着く。

いろいろ考えたり気付くことのあった2泊3日でした。早速、家に戻ってから、本棚にある安藤忠雄氏の書籍を読み返しています。
また、考え事したい時、癒されたい時は直島に行きます!

Pict0006.jpg
民宿の女将さんと隆一郎くん、飛香ちゃん

Pict0007.jpg<
女将さんと私




posted by 田辺 大 at 23:39| Comment(7) | TrackBack(0) | 旅・建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも、初めまして。

ブログを拝見して、流される事なく、自分の考えを持ちながら過ごしているのだなと思います。

私自身、生活していてやり切れない思いで一杯です。また、お邪魔して書き込みしたいと思います。

安藤忠雄氏の様に人々を感動させる何かを残す事は素晴らしいですよね。東大阪にある、司馬遼太郎記念館の建築が僕は好きです。司馬遼太郎好きってのもあるんですがね〜。。



Posted by MKMK at 2006年08月30日 05:08
書き込みありがとうございます!

関西には、安藤氏の建築物がたくさんあるのでいろいろ行ってみたいと思ってます。司馬遼太郎記念館もその一つです。

あと、メールに書かれていたことですが、時には流されること(いい意味で)も大切だと思います。私には、できてないことですが…

成長というのはなかなか目に見えないですし。爆発的に成長することもないですよね。毎日の積み上げで、1+1=2でしかない。

だから、焦ることはないし、『苦しい時には苦しい時にしか作れないものを作ればいい』のではないでしょうか。

私も、『自分ぐらいの能力の人間なら、いくらでもいる。だから頑張るしかない。』と自分に言い聞かせています。


*他のメールの回答
税理士事務所に勤めていました。やはり、経営者を相手にするので資金繰りや経営計画の相談を受けることが多かったです。経営者のニーズは単なる会計のことより、コンサルティング業務に及んでました。その時に、コンサルティング業務の奥深さを実感しました。そんな感じです。
Posted by 田辺 大 at 2006年08月30日 09:13
ありがとうございます。

学生の時、同じく会計士やコンサル関係もいいなと思い、勉強してましたが、簿記1級の勉強で断念しました。

それから、メールは家からしています。最近、睡眠が不規則なんですよね…。。
Posted by MKMK at 2006年08月30日 22:44
おひさしぶりです。かねこです。
お元気そうですね。
直島は僕も行ってみたいところです。
大阪在住のころ行ければ良かったのですが残念ながら行けませんでした。

安藤氏の建築が好きなんですね。
「光の教会」という本は読まれましたか?
先日読んで感動しました。
茨木にある教会が出来るまでの話です。
ここもいつか行ってみたいと思います。
Posted by かねこ at 2006年08月30日 23:56
初めまして☆
先日、直島に旅行に行った友達がいて、初めて直島と言う場所を知りました。
直島、いいところのようですね〜。
そして私の友達は偶然にも田辺さんと出会っていました。
今日その2人をこちらのブログで見つけてビックリしました!
また寄らせて頂きますね。
Posted by あかね at 2006年08月31日 18:26
MKMKさんへ

最近、私も結構寝つきが悪いです。お互い、改善していきましょう!



金子くんへ

そうなんです。昔から建築物が好きなんです。それで学生時代はヨーロッパとくにポルトガルやスペインには絶対に行くと決めて、行ってました。

そこで、金子くんに出会ったんだよね。アルヘシラス(スペイン)発タンジェ(モロッコ)行きの船で。懐かしいですね。

「光の教会」はまだ読んでないので、早速読んでみます。

関西には安藤建築が多いのに今まで何故か全然行ってませんでした。これから、どんどん行こうと思ってます。

また、関西に来る機会があれば連絡下さい!



あかねさんへ

こういう出会いってうれしいですね。直島いいとこですよ。かなり癒されました。

私のブログは更新頻度が少ない(笑)ですが、気長に覗いてみて下さい。私もあかねさんのブログに寄らせてもらいます。

お友達にもよろしく伝えておいて下さい!






Posted by 田辺 大 at 2006年08月31日 19:57
大ちゃん!直島サイコーだったょ゚。+゚*
大ちゃんは何年も行きたかったみたいだけど、わたしは美術館に行きたいなヽ(´▽`)/!!ってそれだけで行っちゃいました☆”あはあは。
行ってびっくり!さすが、アートの島!楽しい!地中美術館はほんっとおすすめ!うんうん!
う→んと満喫できたけどかぼちゃの前にいすぎて、焼けてしまいまぴた。。。いまではくろこげ●●●
また行きたい島です〜♪
Posted by あすかちゃん*゚ at 2006年08月31日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。