2010年11月04日

ワクワク会社革命


ワクワク会社革命──「崖っぷち企業」も利益率世界一になれる

ワクワク会社革命──「崖っぷち企業」も利益率世界一になれる

  • 作者: 三富 正博
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/09/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




ワクワクの正体が何なのか…
「ただ単に楽しければいい」なんてことは全く思わない。それはワクワクではないです。
では、ワクワクとは何と表現したらいいのか…

この著者の定義に本当にしっくりきました。



ワクワクの正体
「ただ単に楽しければいい」というようなものではない。むしろその逆で、楽しくはないかもしれない。でも、どんな状況になったとしてもあきらめることができないもの。そのくらいやりたいこと。



「企業価値」についても、この著者のフレームワークには共感するものが多く、絶対にこのフレームワークはマスターしたいと思っています。

先日も、初めてお会いした経営者の方から、私は今まで会った財務系の人と全く違うタイプで話がし易いと言われました。私自身が、数字だけでしかものを見られない典型的な財務系の人は苦手だからかもしれません。また、数字だけで測れる企業価値は、企業価値全体の5%も無いと思っているので、数字だけで話をすることもしません。

一方で、その5%を表現する工程(管理会計や積極的な情報開示)を疎かにすると、残りの95%を表現することが、恐ろしいほど非効率なものになることも認識しています。

この一冊は、また自分自身の「経営の教科書」になりました。何度も読み返すものになります。

追記
高杉晋作の辞世の句「おもしろき こともなき世を おもしろく」の「おもしろく」は「ワクワク」に通じるものがあると思っています。私自身も、常に「おもしろいことがしたい!」と思っています。ですが、人によって「おもしろい」の定義が違うので、人前ではあまり使いません。「ただ単に楽しければいい」と「おもしろい」は全然違います。

高杉晋作についての知識が全然なかった頃は、「おもしろき こともなき世を おもしろく」に後ろ向きな印象を持っていました。今から思えば、ひどく浅い解釈でした(笑)
今では、この「おもしろき こともなき世を おもしろく」という句を大切にしています。そして、何かあるごとにこの句が心に浮かびます。この世をおもしろくしたい!!



~本文より~
僕たちの最大の仕事は、組織の一人ひとりに「変われるかもしれない」という「可能性の芽」を、自らの心で感じてもらうこととなる。過去の延長で未来を描くのではなく、自分たちが信じるビジョンや行動基準から、いま、なにをなすべきかに気付いてもらうのだ。

フランスの哲学者アラン
「悲観主義は気分に属し、楽観主義は意思に属する。成り行きにまかせている人間はみんなふさぎこんでいるものだ」

「自分はCFOという仕事にまったくワクワクしない」という事実
CFOは、「五つの資産」で言うと、金融資産の責任者である。ところが、自分の関心があるのは金融資産だけではなかった。「見えない資産」や「五つの資産」全体を大きくすることそのものに、ワクワクするのだと気づいてしまった。
*五つの資産→財務諸表に載る「物的資産」、「金融資産」。財務諸表に載らない「組織資産」、「人的資産」、「顧客資産」


ファクト・ファインディング

思ったことを言える文化
「思ったことを言う(think straight, talk straight)」

ワクワク=情熱

戦略=「会社の強みを生かして、最大の機会をとらえ、会社の方向性を明確にすること」

プロフェッショナル
スペシャリストからさらに一歩成長して、自分の専門分野を持ちつつ、会社のビジョンや行動基準を組織内に浸透させ、全社的な戦略を実行できる人

企業価値に与えるインパクト
当期利益(成果)→全体の2~5%
戦略による部分→全体の10~30%
企業文化からもたらされる部分→70~80%
株価が企業価値を表すかと問われれば、たしかに部分的には「イエス」であるけれども、全体への影響は5%程度のもの。本質的には企業文化や戦略のほうが、はるかに重要な要素なのだ。
posted by 田辺 大 at 13:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つまり、ドラゴンボールの孫悟空が言うワクワクと同じということですね?(笑)
『こんなやべえ状況だってのにおらワクワクしてきたぞ。』的な(笑)
Posted by at 2010年11月04日 18:29
そうなんですかね…w

ただ、高杉晋作の「おもしろく」は「ワクワク」(=情熱)なんだとかなりしっくりきてます。
Posted by だい at 2010年11月05日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168250052
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。