2010年06月01日

子どもの未来を暗くする子ども手当…

「子ども手当」はどう考えても、愚策にしか思えない。その理由を以下に羅列してみました。


赤字国債の増発
   ↓
「子ども手当」の実施
   ↓
多くが貯金へ回る
   ↓
国の借金が増加するだけ…もうすぐ900兆円…

天文学的な数字の債務は普通では返済できない
   

返済できる方法は二つだけある


@大増税
Aハイパーインフレーションを起こす


で、これを一番押しつけられるのは、現在の「子ども」です。
そして、上の2つのいずれもが、日本の国力を著しく低下させるものです。
そんな国力の低下した日本で生きていくのも現在の「子ども」です。

借金してお金をばら撒けば景気が上向くなんて、そんな時代は20年以上前に終わっている。
何故、こんな愚策が採用されるのか、どう考えても理解できません。

対処療法をいくらやっても、何も改善しない。早く、原因療法をやろうよ…


posted by 田辺 大 at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。