2008年08月12日

日本再生研究所

株式会社 日本再生研究所
http://www.nippon-saisei.jp/
社名が事業目的の会社です。

持続可能社会への貢献、地域再生、社会企業家支援、環境マーケティング&CSR事業…

社会の役に立ちたいとの想いは誰しもが持っているものだと思います。縁あって、この事業の立ち上げに参加することができました。

一過性のものではなく、継続していきたい。そのためには、個々のテーマを事業化することが必要となってきます。

それは、簡単なことではありません。だけど、やってみたい。

目標に向かって1_でも近づいている実感。それを常に持ち続けることができる。そんな仕事をできるというのは、とても幸せなことだと思います。

契約ではなく約束で、想いを持った多くの志士が結集して、明治維新が成し遂げられたように、この事業の立ち上げメンバーも契約ではなく約束で集まりました。

とにかく継続したい。なので、成果を急ぎすぎることなく着実にカタチにしていきたい。今は、そんな気持ちです。


posted by 田辺 大 at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本再生研究所のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
“契約ではなく約束”ってのが良いですよね。憧れちゃいます。
だって、それは高い志を持った同志でないと出来ないですから。
こういうのを身近に聞くと刺激になります◎

あと、成果、成果と叫び、短期的な成果を上げる事に
血眼になる組織体よりも、今後は、じっくり腰を据えて、長期的に
継続して、ヒトもサービスも成長していけるような組織体が
ますますクローズアップされていくような気がします。

だいさんの想いに共感してくれるような企業が
たくさん出てくるといいですよね☆
Posted by junnie at 2008年08月14日 13:52
junnieさん

同志という響き、好きです。
自分の想いを人に伝わる借り物でない自分の言葉で理解してもらう。とても、難しいことですが…こういうこと考えるのって、とても大切なことですよね。

短期<長期

成長性より、持続可能性が絶対的に大切だと
思ってます!


Posted by だい at 2008年08月14日 23:25
こんばんは。

確かに目標を共有した仲間と一緒に、長期的なビジョンで継続した仕事をするって素敵ですよね。

しかもそれが社会の役に立つことっていうことが素晴らしいと思います。
Posted by とも at 2008年08月15日 01:25
ともさん

長期的なビジョンを皆で共有するためには、どういう工夫が必要だろうか…

結局は、コミュニケーションなんですよね。当たり前のことですが…そして、戦略はコミュニケーションを活性化させるツールなんですよね。

最近、このことをより意識するようになってきました。

こういった基本が何よりも大切ですね!

Posted by だい at 2008年08月16日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。